Awards

  • 2016 C.C.C.

    C.C.C.より 『 LES INCONTOURNABLES DU CHOCOLAT 2016(欠かすことのできないショコラティエ) 』 の14人に選ばれました。

  • 2015 C.C.C.

    C.C.C.より 『 LES INCONTOURNABLES DU CHOCOLAT 2015(欠かすことのできないショコラティエ) 』 の15人に選ばれました。

  • 2014 Ailes de la TPE

    優れた小規模企業に与えられる 『 Trophées des Ailes de la TPE 』 を受賞しました。

  • 2014 C.C.C.

    C.C.C.より 『 LES INCONTOURNABLES DU CHOCOLAT 2014(欠かすことのできないショコラティエ) 』 の20人に選ばれました。

  • 2013 C.C.C.

    2011年にもC.C.C.にてタブレットを獲得した、カカオの風味を最大限に生かしたショコラ 『 ARAGUANI 』、 イタリア・ピエモント産ヘーゼルナッツを使ったショコラ『PRALINE NOISSETE NOIR』、 2012年に続いて 『 PRALINE AMANDE 』 で、タブレットを獲得しました。

  • 2012 C.C.C.

    ラムと新鮮なミントを使ったショコラ 『 MOJITO 』、 イタリア・ピエモント産ヘーゼルナッツを使ったショコラ 『 PRALINE NOISSETE LAIT 』、 スペイン・バレンシア産アーモンドを使ったショコラ 『 PRALINE AMANDE 』 で、タブレットを獲得しました。

  • 2011 C.C.C.

    2010年にもタブレットを獲得した 『 PASSION 』、 ベネズエラ産カカオを贅沢に使った、ビターガナッシュのショコラ 『 ARAGUANI 』、 香りの豊かなフレッシュバジルを使ったショコラ 『 BASILIC 』、 ヘーゼルナッツとキャラメルが香ばしいショコラ 『 NOISETTE and CARAMEL 』 でタブレットを獲得しました。

  • 2010 C.C.C.

    2006年、イル ド フランス (フランス首都圏)の Premier prix でもグランプリを獲得したパッションフルーツを使ったショコラ 『 PASSION 』 で、タブレットを獲得しました。

  • Premier prix 2006

    2006年 イル ド フランス (フランス首都圏) の中から、最高のショコラティエを選ぶショコラコンクールで 『 PASSION 』 がグランプリを獲得しました。

C.C.C.

Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)は『 C.C.C. 』と略され、 直訳すると『 チョコレートをかじる人たちのクラブ 』となりますが、フランスで最も権威あるショコラ愛好会のひとつです。
1981年に現在クラブの名誉会長を務める料理評論家クロード・ルベを中心とする仲間6人によって設立され、現在は各界で活躍する限定150名のメンバーで構成されています。

出品依頼に応じたショコラティエのショコラを、定期的にひらかれているデギュスタシオン(試食会、品評会)でテイスティングし、タブレット(板チョコ)マークの数(1~5)で評価し、判定結果はクラブが出版しているガイドブック "Le Guide du Club des Croqueurs de Chocolat" (ル・ギド・デュ・クラブ・デ・クロクール・ショコラ)で発表されます。
毎年パリで開催される Le Salon du Chocolat (サロン・デュ・ショコラ)にてアワード・デュ・ショコラ受賞者への授賞式が行われていました。
ジル クレスノが創り出すこだわりのショコラの中から、2010年・2011年・2012年・2013年と4年連続でファイブタブレットを獲得しアワード・デュ・ショコラを受賞しています。

2014年からは、これまでの1~5タブレットという評価から、金タブレット・銀タブレット・銅タブレットと色分けでの3段階評価と評価方法が変更になました。 また、年ごとに様々な名称・意味あいの賞(アワード)がショコラティエに与えられるようになりました。毎年パリで開催されるサロン・デュ・ショコラにて受賞者の発表と共に授賞式が行われています行われています。
ジル クレスノは、『 LES INCONTOURNABLES DU CHOCOLAT(欠かすことのできないショコラティエ)』 に2014年、2015年、2016年と3年連続で選ばれています。